旅に出る、VOO!

はい出落ち。
まだ追加で買っていないけどね。

タイトルの通り、ファイザーとP&Gを売却しました。
ファイザーは約10か月のお付き合いで+11%(配当込)、P&Gは1年半のお付き合いで+9%(配当込)でした。
まぁ悪くはないですね。

ちなみに同期間のVOOのリターンですが、10か月で14%、1年半で25%程度です(配当除く)。
物事って角度によって見え方が全然違いますよね。

それぞれの売却理由を簡単に。
・ファイザー
先進国において社会保障費は完全にお荷物になっているから。
有望な新薬を出せればいいですが、それを待つのはギャンブルとそう変わらないので売ってしまおうということです。

また、有望な新薬が出たとしても高額な薬価がつくのは少しの間だけという世の中になると思います。
ない袖は振れないですからねぇ。
薬の効果があった場合にのみ支払いが発生する成功報酬型も日本の保険制度でどこまでなじむかどうか。
そもそも導入できるかも分かりませんが。

個人的にはMRをどんどんAIに置き換えて経費節減してもらえば良いんだけど。
MRになるにはそれなりの学歴がいるだろうに、その優秀な人たちが診察室の外でどれだけの時間を潰しているのか。
その経済的損失って結構すごいと思いますよ。
もっと違う仕事があると思いますがね。

こんなこと言うとMRの人に医者こそAIに置き換えれば社会保障費削減になるだろうと言われそうですね、すいません。

・P&G
息子のオムツにパンパースを使っていたのですが、成長とともにウンチの背中漏れの頻度がめっちゃ多くなったため。
また、業績の改善が見られないので、増配率が低い割に配当利回りが低いためです。
私はまだまだ働く気でいるので、今の配当利回りよりも増配率が高い銘柄の方がベターと判断しました。

ウンチの背中漏れに関しては消費者としてイラっときたので、オムツもムーニーマンに変更しました。
ユニチャームの株買っても良いかもしれません。

今回の売却で150万ほど余力が出来ましたので、どこかでVOOを買います。


読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村