エムスリーというサイトをご存知でしょうか?
医療情報サイトや医者の転職支援などを手掛けています。
「MR君」というサービスがあり、クリックするだけでポイントがもらえる(還元率は漸減傾向でモチベーション下がってますが)ので登録しているのですが、こんなニュースが入ってきました。


以下引用。

厚生労働省は9月21日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師、歯科医師合わせて21人(医師13人、歯科医師8人)の行政処分を決定した。厚労省からの諮問は計30人で、残る9人は行政指導の「厳重注意」だった。処分の発効は10月5日付。千葉大学医学部の学生が飲み会に参加した女性を集団で乱暴したとされる事件で、同大医学部附属病院の研修医だった男性医師は医業停止3年だった。

 この男性医師は、「2016年9月に同大医学生2人と共謀の上、女子トイレにおいて、女性が飲酒酩酊のため抗拒不能の状態であることに乗じ、その口に接吻し、その乳房および陰部を手で触るなどし、もって女性の抗拒不能に乗じ、わいせつな行為をした」とされた。準強制わいせつ罪に問われ、2017年3月30日に千葉地裁で懲役2年執行猶予3年の有罪判決が出ている。

 医師では医業停止3年は計2人で、もう一人は2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕、その後、懲役2年執行猶予3年が確定した埼玉県の男性医師だった。

 長野、愛知両県内でレーザー脱毛などの医行為を行う診療所を不正に開設したとして医療法違反の罪で懲役6月執行猶予2年となった男性医師は医業停止9月。関連して名古屋市内の医師4人も医業停止3月(いずれも同法違反の罪で罰金30万円が確定)となった。

 わいせつ関連では埼玉県の男性医師が公然わいせつ罪で医業停止5月(2003年にも公然わいせつで医業停止3月の処分歴)、宮崎県の男性医師が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)で医業停止4月、福島県の男性医師が県迷惑行為防止条例違反(盗撮)で医業停止3月だった。

 道路交通法違反では、佐賀県の男性医師が飲酒、過失運転致傷で医業停止6月。神奈川県の男性医師も飲酒運転で医業停止5月だった。

 診療報酬の不正請求では、札幌市の男性医師が医業停止3月だった。
出典:m3.com編集部


長い引用で申し訳ありませんが、医者への甘さを認識していただきたく全文引用しました。
少し前ニュースにもなった飲酒レイプ事件の医者は医業停止3年だそうです。
その他にもいろいろありますが、とにかく処分が甘い。
飲酒レイプマンは医師免許はく奪が妥当じゃないかと思いました。
3年たったら何食わぬ顔で医者ができるんですからね。
まぁ再就職先は限られるでしょうが、医師免許を持っているだけで引く手あまたですからどこか拾ってくれるでしょう。


診療報酬の不正請求も金額の多寡、意図的かどうかなども関係するでしょうが、税金を不正に取ろうとする輩が3月程度の処分ですよ。
愛知県の診療所を不正に開設したというのは恐らく名義貸しだと思います。
愛知県で火傷治療と言えばここという科の部長だったので個人的にこの事件には驚きました。
給料安かったのかな?とかいろいろ考えてしまいましたね。


一般社会でこれぐらいの罪を犯すとどれぐらいの罰が与えられるのかは正直分からないのですが、みなさまはこの処分についてどう思われますでしょうか?


ぐっどないと。


読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村