今日はFP2級を受けてきました。
試験中は手応えに満ち溢れていましたが、
試験終了後に見返すと結構山勘で書いてる問題が多くて、
自分の思い込みと現実のズレに愕然としました。


しかしFPって無駄に範囲が広い。
いやほんとに。
真面目に全部覚えるのは厳しい。
受かることを考えてもそうだし、
実際の業務においても全部覚える必要はないだろう。
必要時には本を見れば良いですからね。
そもそも暗記という行為は21世紀においてあまり必要ないよね。
もちろん最低限必要な暗記もありますが。



まぁ一番張り合いがない理由はFPに独占業務がないからでしょう。
FP取ったよ!→ふーん、で?
っていうのが正しい反応な訳です。
実際私の関心事項は資産運用に関することですが、
法人税のことやら保険のことやら鬱陶しいわい!って感じですね。


独占業務がないFPですが、3級は本当に広く浅くって感じなので、
一般教養として取っておくのはありだと思います。。
2級以上は一般人にはあんまり意味ないかも。
金融機関勤めでも1級持ってるから何?って感じだろう。
ないよりある方が良いけどあるから何?ということだ。
これは受け売り。
某赤銀行に勤めている友人が言っていたことだからそうなんだろう。


出世に必要なのはアルコールとごますりの強さだろうw(偏見)


個人的にはこれから仕事関係の試験が続くので、
引き続きお勉強頑張ります。


なお、自己採点の結果は無事合格していた模様。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村