最近育児に忙しくて自分の時間がありません。
そうなってくるとストレスが溜まって「セミリタイアしたら自分の時間がもっとできるはずだ」となるのかもしません。
が、私は育児のストレス>仕事のストレスというタイプでして、仕事をしている方が割りに合うなと感じています。
もっとストレートに言うと、仕事を辞めて増えるのは自分の時間ではなく、予測不可能な育児の時間だということがです。


我が子は唯一無二でかわいいです。
すごく大事です。
しかし、さっきまで笑っていたかと思えば鬼の形相で泣く、その逆でぎゃん泣きしていたかと思えばころっと寝る。
これって個人的に結構こたえます。


今の仕事も予測不可能なことは当然あるのですが、ある程度読むことはできます。
時間単位なのか日単位なのかぐらいの予測は立てれて、事前に準備ができます。
これが部署によっては全く予測不可能なところもありますが、幸い私のいる部署は予想が立てれるのです。


しかし、育児は本当に予測が立てれません。
すやすや寝ているので自分の勉強をしようと思っても30分で泣き出す。
そこから寝かしつけに30分~60分使う(当然ずっとぐずり続けることもあります)。
寝かしつけた後に再度同じ熱量でもって机に向かうのは困難です、少なくとも私は。


この予測不可能性、不確実性が私にっては大きなストレスなのです。
泣かれること、寝かしつけに時間がかかることは見通しが立てばストレスは少ないですが、見通しが全く立たないので疲れます。


子どもを持って思ったのは、以前は時間があり過ぎていろいろ邪念が多かったんだろうということです。
今は仕事にも家庭にもメリハリがきいていい感じなのかもしれません。


今回の主題の不確実性がリスクという話を現役公認会計士の方が上手く文章化されているので一度ご覧ください。
育児で思っていたことが投資にも通ずるんだなと。
あらゆることが学びにつながるということに深く感動しました。


育児>仕事は私の主観なのですが、保育園に預けて復帰しようという方で溢れているということは
世間的には育児<仕事なのかな?
全然タイトルと内容が呼応していませんでしたが、前は仕事をぼちぼちで抑えたいな~と考えていたのが、最近は仕事も悪くない、むしろいいんじゃね?という気持ちが出てきたのが最近の悩みということですw

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村