グランフロント大阪に行って来ました。
人が多くて疲れました。
もう東京なんて絶対無理だな・・・。


さて、みなさんは近大マグロをご存知でしょうか?
大阪に本部がある近畿大学の水産研究所が32年かけた研究の末に完全養殖に成功したマグロのことです。


マグロの稚魚ってすごく繊細らしいです。
ちょっとした光の刺激でもびっくりして壁にぶつかって死んだりするそうです。
他にも共食いをしてしまったり。
そもそも産卵させるのも難しいそうで、近畿大学水産研究所が飼育していたマグロが初めて産卵したのが研究開始
9年後だそうです。


そんな苦労の甲斐あって2002年に人工孵化させた稚魚からの完全養殖に成功。
その後もさらに改善を重ねついに大量生産に成功。
これにはすごく大きな意義があります。
全世界的にマグロの消費量が増えて資源を守るという意味で今年から漁獲制限が設けられいます。
現場としてはいきなり上限を押し付けられてもということもあると思うのですが、規制オーバーの事例も判明しています。
完全養殖ならば資源の枯渇を心配する必要がないので、今後さらに伸びていくと予想できますよね。


そんなマグロを食べれるのが大阪と銀座にある「近畿大学水産研究所」です。
グランフロント大阪にあったのでいつも混んでいるのですが、時間も少し遅めだしということで様子を伺いに行きました。
満席でしたが列に待ち人はなくすぐさま並びました。
しかしその後また行列が出来ていたので、運が良かったのだと思います。


刺身のランチ(2,400円!)をいただきましたがおいしかったです。
今度はマグロとしらす丼(1,600円)をいただきたいです。


近大マグロの株があったら買うのにな~という感じですが学校法人なので買えません。
量産には豊田通商が絡んでいるそうなのですが、豊田通商の実態はトヨタ自動車の商社部門でしょう(偏見?)からとても買う気にはなりませんね。


ゴールデンウィークのお出かけに検討されてはいかがでしょうか?

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村