2017年4月末時点のポートフォリオと評価額は以下の通りです。

201704PF

 
3月と比べて900ドル程度含み益が減少しています。
パーセンテージで言うとIBMの下落が大きいですね。
3月に7%の増配を発表した関係で現在の配当利回りは3.7%と良い水準です。

Tも配当利回りがほぼ5%のところまで落ちてきました。
5月の買い増し候補の筆頭です。

ポートフォリオのバランス的にはPGを買うべきなのですが、他の銘柄と比べて配当利回りが低いこととこの2年間の増配率が緩慢であることを理由に今の水準では買えないと考えています。
ちなみに増配率は2016年が1%、2017年が3%です。
増配率が低いならば利回りは4%以上欲しいというのが本音です。
PGがそこまで下落することはなかなかないでしょうから、3.5%程度になってくれれば買っても良いかもしれません。

投資開始からの累積成績は以下の通りです。

201704perfomance

含み益ベースで9%の成績を出せています。
なおこの成績は円建てで出していますので、株価だけでなく為替の影響も受けます。

持ち株の配当利回りは税引前で4%程度あります。
ファイザー以外はリーマンショックも乗り越えた連続増配銘柄なので今後も利回りは上昇し続けてくれるでしょう。
この1年間やってきたことを継続できれば資産を大きく増やせるでしょうから、これからもコツコツ継続あるのみです。


読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村