今のところお腹の中で順調にすくすく育っている我が子。
授かるまで名古屋の浅田レディースクリニックでがっつり高度生殖医療を受けてきました。
実質半年で総額150万の一大プロジェクトでしたが、しっかり結果が出て満足しています。

さて、不妊治療は健康保険が使えませんので、基本的に全額自己負担です。 
一部保険がききますが、保険が使えるのはほんのわずかですので期待してはいけません。
また、人工授精でも助成金が出ますが、家計を本格的に圧迫するのは採卵~体外受精です。
採卵は50万~80万、体外受精は10万~15万/回程度見ておくと良いと思います。
通院する医療機関によって費用は変わってきますが、実績のあるクリニックだとこれぐらいはかかるでしょう。

治療費が高額なので、子どもは欲しいけど治療にはすすめないという方もたくさんいらっしゃると思います。
そこで、自治体が助成してあげましょうというのがタイトルの制度です。
都道府県単位、市区町村単位で制度に違いがありますので、住んでいる地域の自治体のHPで確認しましょう。

私の場合はと言うと、 所得制限に引っかかり都道府県の助成は受けれず、市の方に20万円ほど(1回あたり10万円)助成申請をしてきました。 
これで実質的な自己負担は130万となりました。

幸い受精卵が凍結保存されています(これも1年契約で延長の場合は追加で費用がかかります)ので、第2子を希望する場合は一番お金のかかる採卵はスキップし、いきなり体外受精へ突入です。
そうすると15万-10万=5万と非常にお安く不妊治療が受けれます。
毎月の医療費が5万ってどこが安いんだ?と思われるかもしれませんが、不妊治療を受けていると確実にお金の感覚が狂います。
5万って超安いじゃん!が普通の感覚になってきますので(笑)

ということで二人目はすでに子どもがいる、費用もお安いということで精神衛生上とても楽に治療を受けれる。
子どもに兄弟がいて欲しいとは思うものの、0と1とじゃ大違いと思えるのではないか。
1人目の子どもを不妊治療の末授かったからこそそう思えます。
失礼なものの言い方かもしれませんが、これが不妊治療をしている夫婦の本音だと思います。
だから子どもを希望する不妊夫婦には一刻も早く第1子に恵まれて欲しいです。

結果が出ない中で暗い気分になることもたくさんあります。 
子連れ、お腹の大きい女性を見ると本当にうらやましく、時には妬ましく・・・。
しかし、その中にも不妊治療でたくさんの苦労をして授かったという方はいらっしゃるはずです。

懸命に不妊治療を受けられている方々全員の望み、思いが叶いますように。 
読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村