待ちに待った(違うか)採卵費用の引き落とし日がやってきました、まさしく今日です。
その額なんと82万円也! 
なかなかの金額ですが、おかげさまで結構な数の受精卵が出来ましたので安心しています。

これに加えて、体外受精1回ごとに15万~20万程度の費用がかかってきます。
もろもろ合わせると100万円はすでに超えてしまっていますが、これこそ未来への投資と考えています。
産まれた後の待機児童も問題ですが、産まれる前の不妊治療もなかなか大変です。
終わりが見えない状況で、周りにも相談し辛いですし。

家計的なところで言うと、貯金の額が増えないのは医療費に投入しているからという側面がありますので、無事良い結果が得られれば、精神的にも経済的にもダブルでうれしいということになります(笑)
どうせなら地域1番店と思われるところに行こうということで、浅田レディースクリニックという名古屋では指折りの不妊治療専門クリニックに通院しています。
院長の考え方に賛否はあるでしょうが、一理あるのは確かなので、不妊に悩まれている方は話を聞くだけでも参考になると思います。
キャラが濃い方なので、初診前に必ず説明会に参加する必要があるのですが、説明会の予約が半年待ち、そこから初診まで1か月待ちとかが平気であるクリニックです。
要は、「不妊治療やろう」と思っても、7か月タイムラグが発生する可能性があるということです。
1日も無駄にできない、したくない不妊治療ですから、早めのスタート、悩んだらまず予約してみるというのが良いと思います。 

ちなみに私たちは2回目の体外受精の結果待ち最中です。
1回目よりかなりリラックスしています、私が(笑)
妻はもともと不妊治療に対して不安を口に出すことがほとんどなく、良いバランスで取り組めていると思います。 
読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村