アメリカ株への投資リスクは2つあります。
1つ目は価格変動リスク。
2つ目は為替変動リスク。

1つ目はどの市場にもあるリスクです。
2つ目は日本株以外に投資をした場合にあるリスクです。
日本企業も為替変動で企業業績が左右されるので、突き詰めていくと日本株も両方のリスクを抱えていると言えるのですが、外国株の場合は資産評価額によりダイレクトに関わってきます。

アメリカ株への投資という点で考えた場合、 1つ目の価格変動リスクはそれほど気にする必要はないと思います。
人口動態、株主への高い還元意欲を考慮すれば、基本的に上がっていくと想定して良いです。

2つ目の為替変動リスクは、時の政府・中央銀行の政策に大きく依存するので神のみぞ知ると言う領域でしょう。
しばらくと言っても10年程度の結構長いスパンですが、今の1ドル100円±20%程度で推移すると個人的には踏んでいます。
今の1ドル100円水準ならば積極的に買っていって良いと思います。
いずれ必ずこれ以上の円安はやって来ます。
これ以上の円高も必ずやって来ると思いますが(笑)。

なので、基本的なスタンスとしてはサラリーが入って来れば、その時の水準で買いたいものを買うということになります。
ボーナス等の臨時収入は、定期購入と同様入った時点で買いたいものを買うか、下落用のバイプッシュ資金として置いておく かという2択にしておけば、想定通りの収益を上げることが出来ると思います。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村