ダウ、S&P500ともに仲良く最高値を更新しています。
日経平均は昨年の高値から2割引きの位置にあることを考えると雲泥の差ですね。(ドル建てで見ると幾分マシですが・・・)
私はバブルの頃に産声を上げましたので、日本経済に関しては暗いニュースしか聞いていない世代です。

デフレは当たり前、明日の暮らしは良くなっていくという感覚はありません。
実際には、インターネット、携帯の普及、スマホの登場などでバブル時代よりもはるかに良い暮らしが出来ていると思うのですが、給料がどんどん上がって、日本がどんどん発展していくという高揚感を抱いたことは一度もありません。

そんな私がアメリカ株投資をしていて思うことは、「株価ってどんどん高値更新していくんだ 」ということです。
私のポートフォリオは比較的ポピュラーな大型株で構成されていますが、含み損の銘柄が一つもありません。
というよりも下落したら買おうと思っていても、その水準まで全然落ちてこず、買えずじまいということが多々あります。
持たざるリスクという言葉を実感しています。

「失われた20年」で育ってきた世代としては、すごい違和感があるのですが、だからこそアメリカ株へ投資する価値があると考え、積極的に追加投資していきます。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村