本日の日経新聞でNISAの恒久化検討の記事が出ていました。
これはぜひとも実現して欲しい政策ですね。

NISAでアメリカ株に投資する際には注意すべきポイントがあります。
それはアメリカ株からの配当金に対してはアメリカと日本での二重課税されているという問題に起因します。
例えばアメリカ企業から100円の配当金を受け取るとします。
それに対してまずアメリカで10%の源泉徴収がなされます。
100円の10%なので、90円が日本に来る配当金総額となります。
その90円に対して日本でも20%(復興税は抜きにします)の源泉徴収がなされます。
90円の20%なので、72円が手元に来るお金になります。

アメリカで源泉徴収された10円は確定申告で還付可能です。
収入や配当金の総額によって還付可能額は変動しますが、全額取り戻すのはなかなかハードルが高いです。
それは来年の確定申告の際、私のデータでお示しします。

ここでNISAを活用することで日本での20%の税金を非課税にすることが可能です。
さらに、外国税控除で10%取り返せば無税になると考えるのは早計です。
NISAを利用した場合は、 外国でかかった10%の税金が取り返せないのです。
それでも20%の税金がかからないだけありがたいと考えるべきでしょうが、どうせなら10%も取られたくないというのが人情でしょう。

そうした際に検討すべきことはアメリカで源泉徴収されない銘柄へ投資することです。
私の持ち株でいえばフィリップ・モリス(PM)はほとんど源泉徴収されません。
フィリップ・モリス(PM)より配当金
また、アメリカ市場に上場している英国企業の配当もアメリカでの源泉徴収はないようです。
英国企業で高配当と言えば、HSBC、GSK、ULでしょうか。
幸い私の持ち株には金融、ヘルスケア銘柄がないので、NISAが恒久化されるならば、この2銘柄へ投資するのはありだと思っています。
しかし、HSBC、GSKともに連続増配銘柄ではないため、非課税のメリットと減配リスクを天秤にかけて投資額を決定する必要があります。
ULに関してはPGの欧州版といった感じですね。
26年連続増配中で現在の配当利回りも3.2%なので、固くいくならばULでしょう。
NISA購入銘柄は、PMとULを軸にしつつ、HSBC、GSKもバリュエーション次第で購入ということになりそうです。 
読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村