高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。FP2級。

ボーナス

この時期サラリーマンにとって最もホットなトピックはボーナスでしょう。
私は年俸制で働いていたこともあるので、そんなの関係ないよって方の気持ちも分かりますが、やはりあるとないとでは気持ちが違います。

現在の職場は業績連動のため、ボーナスが出るかは売上次第なのですが、今年は無事いただけそうです。
零細企業なので、明確な基準による査定はなく、面談で額が決定するのですが、自分の想定より多い額を提示していただけので、それだけ評価していただけていることをありがたく思いました。
また、金額が多いのも当然嬉しいものです。

以前も話題に出しましたが、私の尊敬する本多静六は毎月の収入の25%、臨時収入は全額を貯蓄するよう奨励しています。
ですが、毎月の収入の25%を貯蓄に回せる方はそうそういないのが現実だと思います。
家賃、光熱費、通信費、食費・・・いろいろなことにお金は消えていきます。

なので、毎月の収支は少しの黒字かトントンにおさえ、ボーナスは全額貯蓄に回すようにするのはどうでしょうか。
そうするだけで年ベースで考えたときの貯蓄率は悪くはならないと思います。

でも、ボーナス払いがあるし・・・という方は家計の管理が甘いと思います。
毎月の生活費の中に予備費を設け、そこから臨時出費は賄うようにしなければいけません。
ボーナスはあくまでボーナスであって、それを前提にして良いのは公務員ぐらいでしょう。
業績悪化でボーナスが出ず、家計が破産しても自己責任、そんな家計は破産して当然、見通しが甘かったということです。
また、ボーナスを前提にというのはサラリーマン根性丸出しの考え方ですし、そういう人ほど仕事への情熱も薄いのではないでしょうか。

格差は確実に広がっていくので、いざとなったらぶち込める弾(キャッシュ)がないと、取り残される時代になったと認識せねばなりません。
日々の節約が将来の自分を守ることにつながるのです。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

2015年11月25日現在の金積立成績

田中貴金属のnet純金積立を利用して5万/月の積立を行っております。
田中貴金属を利用している理由はこちらを参照ください。
ちなみに11月25日が引き落とし日なので、手数料込みで50,750円引き落とされていました。

現在の積立状況は以下の通りです。
25金積立
 
毎月10g前後の積立となっており、12月の積立で累計100gまで到達しそうです。
ドルベースでの金価格は下がり続けていますが、アベノミクスによって円安が進んでいるので、円ベースでの金価格は高値圏で推移しています。
11月は金の平均価格が3月以降で最低のため、積立重量は過去最高を記録する予定です。

現在の評価額は約40万円程度ですので、評価損になっています。
金の見通しはFRBの利上げを控え弱気ですが、だからこそ積立を開始しました。
当面売却する予定はないので、コツコツ積立をする段階の私にとってはどんどん下がって欲しいところです。  

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

配当は欲しい

インデックス投資は個人投資家にとって心強いものです。
最近は投資信託の信託報酬も値下げ合戦のため非常にお得になっています。

投資信託は金額ベースで、しかも積立可能なため、ETFより使い勝手が良いように思います。
買付手数料もかかりませんし、信託報酬もETFと遜色ないレベルになってきました。

しかし、分配金がないのが私としては残念です。
分配金は課税されるので、ない方が良いという方もいるでしょうし、理論上はもちろんそうなのですが、半年あるいは1年に1回ある配当が株式投資のモチベーションになっている人もいます。
また、最近投資を始められた方々は上げ相場しか体験していません。
一転下げ相場になった時に、配当がないというのは意外と堪えるような気がします。

私はこの配当が出るという点でETFを利用する予定です。
あ、毎月分配はNGです。
ETFはタコ足配当はしませんし、もしそうしたETFなら利用はしません。
投資においてはキャピタルゲインが過半を占めますが、インカムゲインは精神安定剤として考えていきたいところです。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。