高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。FP2級。

支出を減らす

投資ブログを拝見していると我が家の家計は可もなく不可もなくといった感じです。
可ではないので、2016年は削れるところは削っていこうと思います。
ちなみに細かな家計簿はつけていません。
予算を決め、その額を生活費口座に移し変えて、その範囲内でやりくりしています。

削減ポイント1
食費
だいたい8万ぐらいかかっています。
夫婦2人でこれは少し多いでしょうか。
目標は6万ですね。

削減ポイント2
自動車保険
1.7万/月かかっています。
今年は3年契約が満了するため、乗り換えを含め、もう少し費用を抑えたいところです。

削減ポイント3
雑費
急な出費が毎月あります。
私たちは夫婦2人のため、突然旅行に行ったりします。
そのような費用を予備費として毎月積み立てるようにします。

以上3点に気をつけて毎月3万の支出減を目指します。
1年で36万円節約出来れば、配当利回り4%の株を1,000万分買うのと同じ程度の効果があります。(税金考慮)
これはなかなか大きい額ですね。
やはり、こうして数字で見える化することは大事ですね。
みなさんも1度毎月の支出を振り返ってみるのはいかがでしょうか。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

IBM

マネックス証券で口座開設を申し込んでいる最中なのですが、2月の権利日までに間に合えば1番最初に買おうと考えているアメリカ株はIBMです。
業績が低迷しているため株価は絶賛下落中です。


 IBM
(ロイター、MSNマネー)

アメリカ株が絶好調だったここ5年間でも株価が下落していますね。
そのおかげでしょうか、 配当利回りが4.24%とかなり高くなっています。
株価は今後も下がっていくかもしれませんが、他の高配当アメリカ株と異なり、配当余力は大きいです。
楽天証券のデータですが、
EPS:13.6209
配当:5.2
となっており、配当性向は38%程度です。
また、20年連続増配しており、連続増配銘柄の1つと言っても良いでしょう。

売上は下がっていますが、ITは必要不可欠なインフラになっていますし、最低限の売上は確保可能な企業でしょうから、減配リスクはほとんどないと考えます。
よって、今の水準が維持あるいは今後も下落するならば定期的に購入していきたいアメリカ株の1つです。


読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

一番の投資先は自分自身

最も投資効率の良い資産は何でしょうか。
株、不動産、債権・・・などなど意見が分かれるところでしょうが、
私が考える効率の最も良い投資先は自分自身です。

自分の年収を株や不動産などから得ようとした場合、結構な元手が必要です。
何より、自分があって、その他の資産も存在価値があるというものです。
全ての根幹は自分自身、ここには家族も含まれると思います。

自分に投資する方法はサラリーマンの方でも簡単。
日々の仕事に一生懸命打ち込むことでしょう。
読書や勉強会、セミナーに参加するなども自己投資の一環ですね。

また、仕事のパフォーマンスを上げるために重要なのが通勤時間ですね。
通勤時間が22分増えた場合の幸福度の低下を相殺するためには、収入を30%増やす必要がある
(Leading&Co)
という記事があるぐらいです。
通勤時間も読書に充てるなど自己投資が出来れば良いですが、なかなかそうはいかないものです。
上京し1年間電車通学をしましたが、それはそれはひどいものでした。
電車はギュウギュウ、ターミナル駅に近づくにつれノロノロ。
とても本など読める環境ではありませんでした。
そのおかげで大学へはあまり行かなくなりました(サボってただけ関係なし)
ちなみに西武新宿線です、黄色い電車を見ると今でも当時を思い出します。
両親に頼み込み、2年生から大学近くに引っ越しました(笑)
その点、名古屋は車社会なので、電車が空いていて朝のいわゆるラッシュ時でも座れなければがっかりする程です。(東山線除く)
TOYOTA様々ですね。

日々の相場変動に目を向けるのも当然ですが、1日に1分ぐらいは自分を見つめ直してみると良いかもしれません。
新たな発見や可能性があるかもしれませんよ。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。