高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。

お金の使いどころ

私の住んでいる地域では車社会ということもあり、車は大人1人に1台というのが普通です。
大阪、東京と移り住んできた私にとって、車は日常生活に必要ないものであり、この地に引っ越して来た当時はこの感覚に驚きました。
車は購入金額もさることながら、月々の維持費などで家計に打撃を与えてきます。
駐車場代、保険代、ガソリン代、税金、車検などなど金食い虫であることは間違いありません。
しかしながら、やはりトヨタ王国の東海地方において、車がないと日常生活にやや支障を来たすのも事実ですので、我が家は1人1台ではなく、1家1台にして今後も保有していく予定です。


では、どんな車に乗るのが良いのか。
車両価格や維持費のことを考えると、軽自動車や普通自動車でもヴィッツやフィットなどに乗るのが合理的でしょう。
しかし、私はそういった車に乗りたくはありません。
車を保有する一番のリスクは、コストによる家計へのリスクではなく、事故をした場合の死亡リスクだと考えているからです。
自動車を運転している時は、自分だけが注意をしていても、安全ではありません。
もらい事故などどうしても防ぎようのないことが起こり得ます。
その時に、少しでも生存の確率を上げるため、それなりの車に乗っておきたいのです。
私が考えるそれなりの車でスクリーニングをかけた場合、新車では最低500万円以上しますが、それで私あるいは妻の命が助かる可能性が高くなるならば、安い買い物だと思います。


また、高級車には他のブランドにないサービスを利用できる可能性があります。
例えば私が乗っているレクサスにはオーナー向けにさまざまなサービスを展開しています。
その中でも私が便利だなと思うサービスを紹介します。


・無料洗車
販売店に持っていくと洗車と車内清掃を無料で行ってくれます。また、待っている間に好きなドリンクとお菓子を無料で食べることができます。マッサージチェアや新聞、雑誌などもあり、苦になることなく待つことが可能です。
実際には、待合所に「お気持ちボックス」的なものがあり、お気持ち=お金を入れてくださいという感じですが、入れなくても嫌な顔をされることはありませんし、他の富裕層が変わりに入れてくださっているので、気にすることはないと思います。


・救急車呼び出しボタン
幸いまだ利用したことがありませんが、天井に救急車呼び出しボタンがついています。
普通の車でいうと、車内のライトをつける辺りに、救急車マークのボタンが追加であります。
このサービスは、事故などのため携帯が使えない場合に、ボタンを押すだけで、GPSから位置情報を入手し、救急要請をしてくれるというサービスです。
実際に利用したことがないので、クオリティーは分かりませんが、安心材料の1つです。


・オーナーズデスク
レクサスオーナー向けに24時間開いているコールセンターがあり、オーナーのさまざまな要望に応えてくれます。
例えば、京都へ旅行した際に、目的地の回りにおいしい料亭はないかなと思った時に、連絡すると、いくつかお店を提案し、予約まで行ってくれます。
また、ホテルなどのアレンジも行ってくれるため、自分のランクが上がったような錯覚を与えてくれるサービスです。
最初の頃は喜んで使っていましが、結局自分たちでやった方が早いので、しばらくすると全く使わなくなりましたが、レクサスならではのサービスではないでしょうか。


他にも、ゴルフコンペやクリスマス会などオーナー同士の交流を促すイベントがあり、私は利用したことがありませんが、人脈形成にも役立つかもしれません。
こうしたサービスに満足しているので、次回もレクサスで車を購入する予定です。
そのために、毎月それなりの金額を車貯金として計上していますが、これは必要経費だと考えているので、削減するつもりはありません。


みなさんにとっても、ここは譲れないというような投資ポイントがあるでしょう。
人に何と言われようが、大事なものは大事ですし、人間は感情の生き物なので、何が合理的かは人によって違うので、自分の意見は尊重すべきだと思います。
また、そうした物を我慢してまで貯めたお金に何の価値があるのでしょうか。
結局お金は使うために貯めるのであって、貯めることが目的になってはいけないでしょうし、それこそお金に縛られた生き方ではないでしょうか。
当然無駄遣いは控えるべきですが、使うところは使うということがお金との上手な付き合い方と考えています。


読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

金投資

現時点で私が実際に行っている投資活動は、田中貴金属工業での金積立5万円/月です。
田中貴金属工業で積立を行っている理由は以下の2です。
1.特定保管
2.積立コストの安さ


特定保管のサービスを提供してくれているのは主だったところでは、田中貴金属工業ぐらいですので、これが一番のメリットと言えるのではないでしょうか。
特定保管というのは積立サービスを提供している会社の資産と投資家の純金を区別して保管してくれているので、会社が倒産した場合でも、積立をした分は100%戻ってくることが保証されていることです。
それに対して、他の大手証券では、消費寄託という制度を採用しています。消費寄託では、 積立サービスを提供している会社に金所有権があり、投資家は換金請求できる債権を有するということになるため、積立られた金は会社の資産に計上されてしまうので、倒産した場合に帰ってくる保証はありませんということです。


これだけ読むと、誰もが田中貴金属工業を選択すると思いますが、コスト面を考慮に入れたときに考え方が変わってきます。
特定保管と消費寄託では、特定保管の方が、企業側からみたコストは余分にかかりそうだということが分かるかと思います。
ですので、投資家ならば誰もが気になる積立コストを見てみないことには、どちらが良いという判断はつかないと思います。
ちなみに、金の積立コストとして挙げられるのが、買付手数料と年会費です。


例として、毎月1万円を積立する場合を考えましょう。
今回は私が実際に検討した、楽天証券、KOYO証券、田中貴金属工業で比較してみます。 
楽天証券・・・手数料=買付額の2.625%、年会費=0円→265円/月
KOYO証券・・・手数料=無料、年会費=1,5000円   →125円/月
田中貴金属工業・・・手数料2.5%、年会費=無料     →250円/月
※田中貴金属工業は積立額に応じて手数料が変わります


このような結果となり、コスト面からは
KOYO証券>田中貴金属工業>楽天証券
というのが合理的な選択になります。 
さらに、特定保管か消費寄託かを考慮に入れると
田中貴金属(特定)≒KOYO証券(消費)>楽天証券(消費)
ということになるのではないでしょうか。


私はよっぽど倒産リスクは少ないだろうが、KOYO証券はなじみが薄く、少し怖いと感じ、さらに消費寄託だったので却下とし、特定保管の田中貴金属工業で積立を行うことに決めました。
また、田中貴金属工業の良いところは積立額が増えれば増えるほど、 手数料が下がっていくところにあります。
例えば、私が現在行っている5万円/月とした場合、各3社の手数料は
楽天証券・・・手数料=買付額の2.625%、年会費=0円→1,325円/月
KOYO証券・・・手数料=無料、年会費=1,5000円   →125円/月
田中貴金属工業・・・手数料1.5%、年会費=無料     →750円/月 
という結果になります。


このように積立額が大きくなれば、特定保管でも田中貴金属工業の方がコストも安く、安心も手に入れることができます(KOYO証券除く)。
ただし、毎月の積立額が1万円より下の場合は、消費寄託ではありますが、楽天証券などの方がコストは安くなると思います。


現在金価格はドルベースでは最高値の約半分になっていますが、その間に円安が進んだ関係で、円ベースでは高値近辺にいます。インデックス投資家にも言えることかもしれませんが、価格が高値の時は買付可能額が減ってしまうので、理想を言えば、最安値近辺で張り付いていて、自分が売却する時にだけ上がっていて欲しいというのが本音ではないでしょうか。
なので、投資をしている立場で変ですが、アメリカの利上げによってさらに金価格が下落し、円高方向に向かって欲しいとも思っています。
幸い生活防衛資金は確保しているので、この金はいつ売っても良いものですので、5年~10年スパンでよい時期を見計らって差益を確保したいところです。
出来れば車代ぐらいになって欲しいところですが、5万を10年積立てればちょうど車資金と同じなので、わざわざ金を買うリスクを犯す必要もないのですが・・・。


金以外に個別株も少し持っているのですが、それはお遊びと宝くじ気分で持っているものなので、よほどネタがない限り、触れないと思います。
現在保有している株について書き出した時は、ネタ切れなんだなと温かい目で見守ってあげてください。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

「遊び」の大切さ

日々生活を送っているとたくさんのストレスに直面します。
仕事のこと、私生活のこと、ストレッサーは至るところに隠れています。
私はせっかちな性格で、動作が遅い人を見ると「何でそんなに遅いんだ」と少しいらいらしてしまうことがあります。
後から振り返ると大したこともないのですが、なかなか直らないものです。


若いながら管理職に就かさせていただいている関係で、業務中に部下が小言を漏らしたくなるようミスをするのも少々目に入ってきますが、私は怒ってどうこうするタイプではないので、ぐっと腹の中におさめるようにしています。
しかし、数回教えて、その度にメモを取っているようなことでも、「出来ませんでした」などと言われた日には少しいらっと来てしまいます。
そうした時に心の平穏を保つために、「遊び」を作るよう心がけています。
ここでいう「遊び」は工学的な意味の「遊び」と同義です。
つまり、余裕を持ってスケジューリングを立てて、フリーの時間を作ることを心がけています。


丸1日予定を詰め込んでしまっては、急な業務が入った時に、予定されていた仕事を早く終わらせるか、延期する、あるいは残業して処理をするという選択しかなくなってしまいます。
上記の選択肢はどれもストレスがかかってしまう状況です。
また、往々にしてそういう忙しい時に限って、他人もトラブルを引き起こすものです。
なので、そうした事態に対応しても定時で帰ることができるように、「遊び」を設けています。


そうすることで本来何もする予定のなかったところに、トラブルなどが発生して業務が入ってくると、「予定を埋めてくれてありがとう」と思える時も出てきます(稀にですが・・)。
私自身も人に優しくなれますし、部下の方も感謝してくれていると思います。
そうしたキャッチボールが会社、上司へのフォロワーシップを高めてくれると信じています。 


また、仕事の疲れを仕事で癒せるタイプではないので、最低年に1度は旅行に行くようにしています。
できれば海外へ行きたいところですが、仕事の都合でなかなか難しいので、国内で我慢していますが、日本でもまだまだ知らないところがたくさんありますので、十分楽しむことができています。
私生活においても「遊び」を設けることで、さらに仕事に集中できる環境を整えることができています。


ちなみに、今まで行ったことがある中で最高の場所はパリでしょうか。
観光地、美術館、公共交通機関もどれをとっても充実しています。
ヨーロッパの建築物は歴史があるものが多く趣を感じさせますし、ルーブル美術館は芸術に無頓着な私でも知ってる絵画や彫刻がたくさんあり、楽しむことができます。
普通に旅行している分には差別をされていると思ったことはありませんし(されていたとしても気付かないレベルだということかもしれませんが)、何より食事がおいしいです。
今まで2度行ったことがありますが、またぜひ行きたいと思わせる都市でした。


おすすめの観光地がありましたら、ぜひ教えていただきたいものです。
 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。