高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。FP2級。

マネックス証券でアメリカ株を買おう~円から米ドルへ振替~

前回の記事ではマネックス証券でのアメリカ株取引口座開設までをまとめました。
 
マネックス証券でのアメリカ株投資雑感 

今回は円から米ドルへの振替方法をまとめていきます。

・マネックス証券にログイン

・銀行口座からマネックス証券口座へ入金
3メガバンク、ゆうちょ、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行のいずかれがおすすめです。

・マイページのバナーの「外国株」をクリック

・ページ中段に「外国株を初めてお取引されるお客様へ」の中のステップ1の項目をクリック

・振替額の指定、実行
普通に入力していけば特に戸惑うことはないと思います。

・振替を実行すると「外国株取引サイトへログイン」という項目が出てくるので、クリック

・「口座情報」で振替可能額欄に振替実行した額が反映されているか確認

・「為替振替」で「円貨預かり金を外貨へ振替(円貨⇒外貨)」の米ドル欄「振替」をクリック

・振替金額を入力

・「概算換算金額」を確認し、問題なければ実行をクリック


これで外国株口座に米ドルでお金が入ることになります。

注意点としては、円貨から外貨への振替指示が14時30分までの場合は、15時に約定し、当日の20時30分頃にアメリカ株の口座に反映されます。(サマータイム時は19時30分頃らしい)
14時30分を過ぎてしまうと、翌日の受付になります。

また、初めての時に、14時30分までに依頼して、15時過ぎに口座を確認しても反映されておらず、お金がなくなったと思ってはいけません。
先ほど書いた通り、口座への反映は20時30分頃ですので、 その頃に確認するようにしてください。
私はかなり焦りました(笑)

以上が、米ドル振替までの流れでした。 
ようやくアメリカ株購入の準備が整いました。
サイトの指示に従っていけばさほど難しいことではありませんが、初めての方はぜひご参考ください。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

京都府宇治市へふるさと納税

2016年1つ目のふるさと納税先は京都府宇治市でした。
2015年も実施しており、2年連続の寄付となります。

抹茶カステラ、抹茶ロールケーキ2種類の詰め合わせになります。

抹茶セット


全ておいしいので、スイーツ好きはぜひどうぞ。

宇治市は平等院鳳凰堂が有名でしょう。
10円玉の裏ですね。
歴史に興味のない方は京都市にあるとお思いかもしれませんが、実は宇治市なんです。

私の数少ない趣味の一つに歴史的建造物巡りがありまして、平等院鳳凰堂は何度か行ったことがあります。
前回訪れた時は改修作業中だったのですが、それも一昨年の3月で終わっているそうで、近いうちに再度行ってみようかなと思います。
平等院の前は池になっており、湖面に反射している風景は絶景と言って良いでしょう。
京都市から少し外れているので、観覧客もそれほど多くなく、観光にはもってこいです。

また、平等院鳳凰堂までの道に商店が立ち並んでいます。
宇治茶が有名なのえで、お茶屋さんが多いのが特徴です。
夏の暑い日に行くことが多いのですが、お茶を頼むと宇治茶飴をたくさんくれるおばちゃんがいるお店があり、いつもそこで一服しています(笑)

ふるさと納税に対しては結構な気合いの入れようで、お茶関係の返戻品がたくさんあります。
お茶好きは寄付先の候補として一度検討してみると良いと思います。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

マネックス証券でのアメリカ株投資雑感

2月9日シェブロン(CVX)83.00ドル30株をマネックス証券にて無事約定できました。
今後アメリカ株投資を始めようと思ってる方の一助になればと思い、アメリカ株購入までの経過と手順をまとめてみます。
今回は口座開設編です。


・1月20日マネックス証券ウェブサイトより口座開設申し込み
この頃は権利落ち日が2月8日のIBMでも購入しようとワクワクしていました。

・1月27日マネックス証券より口座開設キット到着、28日免許証、マイナンバーのコピー同封し返送
マネックス遅いな・・・IBM無理かな・・・ドル円もいい感じで下落してきてるのに・・・と思いました。

---この間音沙汰なく、IBMは諦めました。日銀のマイナス金利導入で円安に振れたのもこの時期です。---

・2月7日マネックス証券より本人限定受取の郵便物届く
配達日指定か郵便局窓口まで取りに行くかを選択しろとのこと。
郵便持って来たなら、在宅かもしれないし、とりあえず口座開設案内も一緒に持って来てくれたら良いのにと思いました。
日曜日は用事があったので、月曜日に窓口へ取りに行くことを選択。

・2月8日郵便局窓口で口座開設案内受取
2月権利落ち日でもギリギリ間に合いそうなものがある!
早速購入しよう!
UFJのダイレクトサービスは元々利用していたので、即時入金。
アメリカ株へGO!と意気込んでクリックすると、外国株開設にはまた1日かかると。
外国株は自動で開設にならないようです。。。
チーン。
よって、私がマネックス証券でアメリカ株の購入が可能になったのは2月9日です。
ちょうど申し込みから3週間かかりました。


海の向こうはるか彼方、資本主義の総本山アメリカの株を3週間で買えると言うと、一昔前は驚きだったでしょうが、スマホで情報が即時入手できる昨今においては、少し遅いような気もします。
人間の欲求ははかりしれないですね。

私はUFJのダイレクトサービスを利用していたので、問題はありませんでしたが、口座申請と同時にマネックスの即時入金サービスを利用できるよう銀行口座の手配もあわせてしておかねばなりません。
入金手数料などは無料のところも多いので、都合の良いところを選ぶことが可能です。

今回はアメリカ株口座開設までの流れでしたが、次回は実際の購入までをまとめたいと思います。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。