高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。FP2級。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)を49.90ドルにて指値注文中ですが、一向に刺さりません。

アメリカ株に興味を持った昨年の夏頃から経過観察していましたが、今年の1月から急上昇しています。
40ドル前半で推移していたのが、あっという間に50~51ドルまで約20%上昇しています。
予想配当利回りも5%台だったのが、4%台半ばまで低下しています。

インカムゲインを中心に考えている私にとっては好ましくない状況ですが、次の権利確定日の4月までには、49ドル台に突入する場面もあるだろうと気長に考えています。

これまでシェブロン(CVX)、フィリップ・モリス(PM)を獲得してきましたが、その中では一番ベライゾンが手堅いかなと思っています。
3月はIBMの取得を考えております。

P&G(PG)、コカ・コーラ(KO)の取得も検討しましたが、配当性向の高さに少し尻込みしてしまい、しばらくは経過観察にしておきます。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

原油相場に惑わされています

原油価格に一喜一憂の株式相場。
アメリカ市場がオープンする23時30分に監視銘柄を見ていると、原油価格にいかに大きく左右されているのかが良く分かります。
大型株でダウ30種に選ばれているような銘柄が多いから特に影響を受けやすいのかもしれません。

そんな感じで毎日のように原油価格に注目していると気になる銘柄がありました。
【2038】NEXT NOTES 日経・TOCOM原油ダブル・ブルETN
です。

 oil
(出典:Yahoo!Japan ファイナス)

原油価格の下落に伴い良い感じで急落しています。
現在は800円台後半で推移しています。

こうしたチャートを見るとつい買いたくなってしまうのですが、ぐっと我慢することが大事だと思います。
その理由はただ一つ、買いたい理由が「値ごろ感」だからです。

「原油の需要は無くならない訳で、今は売られ過ぎだろうし、いつか10,000円に戻るだろうから、今買えば10倍以上に資金が増える! 」
なんて考えが通るほどマーケットは甘くありません。

もちろんうまく上昇していく場合もあるでしょうが、それはギャンブルです。
原油相場は投機の対象となっており、今のところ実需は問題ではありません。
需要予測に左右されるのが現状で、長期投資家を自任している人が手を出すような相場にはありません。

アメリカの連続増配銘柄への投資はこうした目移りを防ぐための、有望な投資セクターであると思います。
 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

アセットロケーションに関する考察

投資に関する話でアセットロケーションについてかなり詳しく書いている記事をよく見ます。
「投資はアセットロケーションで決まる」とか何とか。
語弊を恐れずに言うと、アセットロケーションは株式100%で問題ないと思います。
しかし、株式といっても「アメリカ株の連続増配銘柄」限定ですが。

みなさんが頭に思い浮かべるアセットにはどんなものがあるでしょうか。
株式、不動産、債券、コモディティ・・・。
など種類だけでもたくさんありますし、アセットごとに先進国、新興国・・・などさらに細分化可能です。
世界中にリスクはあるし、どこがどうなるか分からないから、世界中のあらゆる資産にリスクヘッジをかけて・・・という気持ちもよく分かりますし、「正解」だと思います。

しかし、現実の世界を考えたときに、アメリカ経済がダメになったら世界経済がダメになると考えても差し支えないのではないでしょうか。
また、アメリカはパール・ハーバー以外では他国によって自国領を攻撃されたことはありません。
ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争など全てアメリカ国外で戦っています。
今問題となっているシリア、北朝鮮もロシア対アメリカ、中国対アメリカの代理戦争扱いです。
そういった意味において、アメリカは世界中のリスクに顔は出しているものの、本丸は安全なところにあるわけです。
なので、私は世界で1番リスクが小さいのはアメリカであると考えています。

また、アセットについては、実体経済が拡大する限りでどれでも値上がりはするものだと思います。
株式の優位点としては、流動性の高さ、セクターの豊富さだと思います。
特にセクターを分けることで実質的に複数のアセットクラスに投資したのと同じ効果が得られると考えます。

よって、アメリカの株式がベターな選択になると自分なりに結論付けているので、アメリカの連続増配株への投資を開始しています。
その決断が正しいものだったかどうかはこのブログが証明してくれるので、乞うご期待といったところでしょうか。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。