高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。

IBM

マネックス証券で口座開設を申し込んでいる最中なのですが、2月の権利日までに間に合えば1番最初に買おうと考えているアメリカ株はIBMです。
業績が低迷しているため株価は絶賛下落中です。


 IBM
(ロイター、MSNマネー)

アメリカ株が絶好調だったここ5年間でも株価が下落していますね。
そのおかげでしょうか、 配当利回りが4.24%とかなり高くなっています。
株価は今後も下がっていくかもしれませんが、他の高配当アメリカ株と異なり、配当余力は大きいです。
楽天証券のデータですが、
EPS:13.6209
配当:5.2
となっており、配当性向は38%程度です。
また、20年連続増配しており、連続増配銘柄の1つと言っても良いでしょう。

売上は下がっていますが、ITは必要不可欠なインフラになっていますし、最低限の売上は確保可能な企業でしょうから、減配リスクはほとんどないと考えます。
よって、今の水準が維持あるいは今後も下落するならば定期的に購入していきたいアメリカ株の1つです。


読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

一番の投資先は自分自身

最も投資効率の良い資産は何でしょうか。
株、不動産、債権・・・などなど意見が分かれるところでしょうが、
私が考える効率の最も良い投資先は自分自身です。

自分の年収を株や不動産などから得ようとした場合、結構な元手が必要です。
何より、自分があって、その他の資産も存在価値があるというものです。
全ての根幹は自分自身、ここには家族も含まれると思います。

自分に投資する方法はサラリーマンの方でも簡単。
日々の仕事に一生懸命打ち込むことでしょう。
読書や勉強会、セミナーに参加するなども自己投資の一環ですね。

また、仕事のパフォーマンスを上げるために重要なのが通勤時間ですね。
通勤時間が22分増えた場合の幸福度の低下を相殺するためには、収入を30%増やす必要がある
(Leading&Co)
という記事があるぐらいです。
通勤時間も読書に充てるなど自己投資が出来れば良いですが、なかなかそうはいかないものです。
上京し1年間電車通学をしましたが、それはそれはひどいものでした。
電車はギュウギュウ、ターミナル駅に近づくにつれノロノロ。
とても本など読める環境ではありませんでした。
そのおかげで大学へはあまり行かなくなりました(サボってただけ関係なし)
ちなみに西武新宿線です、黄色い電車を見ると今でも当時を思い出します。
両親に頼み込み、2年生から大学近くに引っ越しました(笑)
その点、名古屋は車社会なので、電車が空いていて朝のいわゆるラッシュ時でも座れなければがっかりする程です。(東山線除く)
TOYOTA様々ですね。

日々の相場変動に目を向けるのも当然ですが、1日に1分ぐらいは自分を見つめ直してみると良いかもしれません。
新たな発見や可能性があるかもしれませんよ。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

いかにも下落しそうなチャート

NYダウ、S&P500のチャートを見ているといかにも下落しそうな形をしています。
※私はチャートの勉強をしているわけではありません。何となくです。

どちらも2012年~2015年夏前まではきれいな右肩上がりです。
乗れた人は最高ですね。
その後はチャイナショック(ショックと言っていいレベルなのかは不明)で下げた後に、
また盛り返すも高値抜けれず、2016年年初から下落傾向といいた感じでしょうか。

こうして経緯を文字化してみると、チャートを見た直感もあながち間違いではないような気がします。
しかし、インデックス投資家のみなさん同様、アメリカの連続増配企業への投資も株価の下落は歓迎(?)です。
配当利回りが良くなるからですね。
株価が下がりそうなこのタイミングでアメリカ株への投資が開始できる資金状況になっていて良かったです。
しかし、天国まで株は持っていけませんので、どこかで売り抜ける必要があると思うので、
その時には株価が戻っていてもらわねば困りますね。
また、景気は循環するものなので、ドルコスト平均法でコツコツ積立も良いですが、
うまく利食いも組み合わせていけると尚良しですね。

そんなうまいこといくはずがないので、インデックスがベストなのでしょうが、
いろいろ試行錯誤が好きなタイプなので、とりあえずは個別株で頑張っていきます。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。