高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。FP2級。

2016年04月ポートフォリオ

2016年04月のポートフォリオを公開します。

201604PF
 
銘柄は購入順に記載しています。 

4月はIBMを買い増ししました。
5月はフィリップ・モリス(PM)とコカ・コーラ(KO)の購入を検討しています。
配当利回り的にPMを多めに買うか、今回はKOの購入は見送ることにするかもしれません。
KOはバフェット銘柄ではありますが、ドル高の影響で業績は苦戦していますね。

連続増配銘柄で固めていますが、保有株は全般的に業績が停滞していますね。
原油安、ドル高の悪影響が出ています。

また、NISAの申し込みが間に合えば、非課税メリットが最大限享受できるPM、 HSBC、グラクソ・スミスクライン(GSK)、ユニリーバ(UL)の国外税0%の高配当株の中から追加投資をする予定です。
最有力候補は、配当利回りの高いHSBC、GSKです。
PFに欠けてる大型セクターも金融・製薬なので、ちょうど良いかもしれません。
 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

2016年04月配当

2016年04月にいただいた税引き前配当は以下の通りでした。

201604devinded
 
フィリップ・モリス(PM)  $15.30
コカ・コーラ(KO)     $10.50
合計 $25.80

両銘柄をほぼ均等額で購入しているので、配当額の差は配当利回りの差です。 
シェブロン(CVX)の$32.10より少ないですが、投資額に対して配当利回りは約4%となっていますので、申し分ないでしょう。
連続増配銘柄の良いところとして、購入額に対しては買った時の配当利回りが最低で、今後は利回りが上がり続けるということがあると思います。

シェブロンは今思うと良い時期に購入できました。
結果論ですが、今年の1月と2月は投資のチャンスだったと言えるのでしょう。
フルインベストメントではなく、そうした時に購入できるキャッシュポジションを用意しておくことは大切だと思うので、先日も書いたように今後はそうしたゆとりも作ることを目標にしていきます。 
株価調整時の余力 

5月はP&G(PG)とAT&T(T)から配当金がいただける予定です。
配当金はマネックス証券にドルで入金されるので、そのまま再投資に振り向けます。
余分な為替手数料もかからないので、ドル入金で助かっています。 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Johnson&Johnson(JNJ)増配

持ち株ではありませんが、常に動向をチェックしているJohnson&Johnson(JNJ)が増配を発表しました。
54年連続増配で、四半期配当額を$0.75から$0.8へと約6.7%の増配です。
年間配当額は$3.2となりました。
JNJの過去3年増配率は
2013年 8.1%
2014年 6%
2015年 7.1%
となっており、例年通りといった感じです。

JNJの株価は現在$112.08です。
配当利回りは2.8%で悪くはないでしょうが、良くもありません。
$100を割り込んできたら購入を検討しようと思います。

私見ですが、JNJの6.7%増配はさすがと感じる一方で、IBMの7.7%増配は残念と感じるのは不思議ですね。
International Business Machines(IBM)増配 
IBM経営陣への期待の表れとしておきましょう。 
 

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

みどり

sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。