高配当株投資で自由な人生を

愛知県在住20代既婚男性のお金に関するブログです。株の運用益や配当収入など資産運用で自由な人生を送ることを目標にしています。主にアメリカ株や高配当株、優待株へ投資しています。

調整はいつ?

アメリカ株は上昇が9年も続いており過去2番目の長さとなっています。
歴史に学ぶと株式市場には調整がつきものなので、今回も調整が来る来ると言われつつまだ調整が来る気配はありません。
FRBも紆余曲折を経ながら金利を徐々に上げていき金融正常化の道を進んでいます。
セントルイス連銀総裁がバランスシートの縮小に言及するなど今後も正常化の道を進もうとするでしょう。(出典:ロイター)
実際には次の景気後退に備えて緩和手段を残しておきたいということもあるはずです。


過去2番目の長さとなっているリーマンショック後の今回の上昇相場は後世「金融緩和バブル」と呼ばれるでしょう。
企業収益は株価の上昇を正当化できるほど上がっていません。
今回の上昇の一番のエンジンは低金利であることは間違いないでしょう。
ITバブルもITで世界が変わる(実際には変わった)と期待値が高まったもののIT企業の収益が追い付かず暴落につながりました。
そんなナスダックも先日最高値を更新しました。
今回は企業収益もついてきておりバブルではないことは明らかです。


低金利は主に二つの経路で株価を押し上げています。
まず国債市場のお金を株式市場に流し込む。
次に企業が低金利でお金を調達し自社株買いあるいは配当を実施する。


しかしそれでバラ色の未来が待っているという訳ではなくそれぞれ副作用が当然伴います。
収益が上がっていないのに株式市場にお金が流入するということはPERが上昇します。
PERが高いということは増収圧力が高いということです。

自社株買い、配当の実施も利益ではなく借金で行う訳なので、負担の先送りにすぎません。
株価上昇の先食いと言った方が正しいのかもしれません。
将来的には企業収益を圧迫する要因になります。
これは今の日本の状況を想像すると分かりやすいでしょう。
少なくとも配当を利益でまかなえない状況というのは非常に厳しいと言えます。
配当は利益から出すものであるという原則論もさることながら、それを正当化するのは企業状態ではなく、低金利というFRBの政策だからです。


私の認識では今はまだバラ色状態なのですが、いつか必ず調整が来るのは避けられないということはみんな頭では分かっていると思います。
重要なポイントはそれがいつなのか?ということとどれぐらいの調整なのか?ということです。
それは株式市場がいつどれぐらい上昇するのか予想できないのと同じように予想することはできません。少なくとも私には。


対策方法は十人十色でしょう。
常にフルインベストメントで上昇相場も暴落相場も乗り乗りだぜ!という方もいれば、
慎重に慎重に投資し過大な待機資金を持ち、暴落相場のダメージも少ないけど上昇相場の恩恵も少ないという方もいるでしょう。
要はトレードオフの関係にある訳で、正解なんて始めからない訳です。


ブログを拝見するとフルインベストメントから待機派までいろいろな方がいるので自分にとって納得のいくところだけ投資方針を拝借してやっていけば良いのではないかと思います。
私は今までの投資経験からお金の増減よりも不確実性に苦痛を感じるタイプなので、ETFをもう少し活用していこうと思います。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

SBI証券こんにちは、マネックス証券さようなら

これまでアメリカ株はマネックス証券で取引していたのですが、この度SBI証券に移管が完了しました。
一番大きな理由は今年の確定申告時期での度重なるミスです。
ミスは仕方がないとしてもその後の対応の不親切さに辟易してしまいました。

またアメリカ株に投資するにあたって為替変動のストレスが大きかったのですが、SBI証券ならばSBI銀行と連携してドルコスト平均法的に為替振替できるということが分かったので、今回の不手際を機に意を決して移管手続きを行いました。
為替振替のコストもマネックスが25銭に対してSBIは15銭と低くなっています。
マネックスは為替手数料無料キャンペーンがあるのですが、事前アナウンスもなく突発的なのでその時の為替相場次第では25銭の節約が高くつく可能性もあり、不確実性は排除したいと考えました。

移管には1銘柄あたり3,000円+消費税の手数料をマネックスに徴収されるのですが、幸い私は保有銘柄が少なく6銘柄の移管で済みました。
少ないとはいえ19,440円は安くないコストですがこれから銘柄も増える可能性が高いですし、手切れ金だ!と思い切って決断しました。

SBI証券に移行して為替の面でのストレスは軽減されました。
しかしその分株価の変動にストレスを感じるようになりましたw
これはもう投資信託の方が良いんじゃないの?と自分でも思い始めています・・・。

しかし投資信託は妻の積立NISA口座でデビューする予定なので、私はETFを利用することにします。
現時点で最もストレスがないのは、VOOとVYMを交互に買付するという方法ではないかなと考えています。
子どもが産まれると今より自分の時間も少なくなるでしょうから将来的にはその方向に集約していこうかと思います。

ちなみに、NISA口座はマネックスで運用していきます。
理由はSBIは海外ETFは手数料が無料ですが、アメリカの個別株は無料ではないからです。
その点マネックスはNISA口座ではETFはもちろん個別株も手数料無料なので優秀ですね。
ますますETFで良いじゃんという考えになりそうですが、NISA口座では外国税が取り戻せない問題もあるので当面はこの戦略でいきます。

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

近大マグロ

グランフロント大阪に行って来ました。
人が多くて疲れました。
もう東京なんて絶対無理だな・・・。


さて、みなさんは近大マグロをご存知でしょうか?
大阪に本部がある近畿大学の水産研究所が32年かけた研究の末に完全養殖に成功したマグロのことです。


マグロの稚魚ってすごく繊細らしいです。
ちょっとした光の刺激でもびっくりして壁にぶつかって死んだりするそうです。
他にも共食いをしてしまったり。
そもそも産卵させるのも難しいそうで、近畿大学水産研究所が飼育していたマグロが初めて産卵したのが研究開始
9年後だそうです。


そんな苦労の甲斐あって2002年に人工孵化させた稚魚からの完全養殖に成功。
その後もさらに改善を重ねついに大量生産に成功。
これにはすごく大きな意義があります。
全世界的にマグロの消費量が増えて資源を守るという意味で今年から漁獲制限が設けられいます。
現場としてはいきなり上限を押し付けられてもということもあると思うのですが、規制オーバーの事例も判明しています。
完全養殖ならば資源の枯渇を心配する必要がないので、今後さらに伸びていくと予想できますよね。


そんなマグロを食べれるのが大阪と銀座にある「近畿大学水産研究所」です。
グランフロント大阪にあったのでいつも混んでいるのですが、時間も少し遅めだしということで様子を伺いに行きました。
満席でしたが列に待ち人はなくすぐさま並びました。
しかしその後また行列が出来ていたので、運が良かったのだと思います。


刺身のランチ(2,400円!)をいただきましたがおいしかったです。
今度はマグロとしらす丼(1,600円)をいただきたいです。


近大マグロの株があったら買うのにな~という感じですが学校法人なので買えません。
量産には豊田通商が絡んでいるそうなのですが、豊田通商の実態はトヨタ自動車の商社部門でしょう(偏見?)からとても買う気にはなりませんね。


ゴールデンウィークのお出かけに検討されてはいかがでしょうか?

読んでいただきありがとうございます。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
プロフィール
sponsored by
相互リンク可能な方は 【HP名】 【URL】 を記載の上、コメントやメッセージをしていただけますと幸いです。